InDesign スクリプト開発

業務内容 初めての方へ AutomaticDiary DTP WEB デザイン 印刷&翻訳 企画 プレゼンテーション サポート&コンサルティング ディレクション

DTP自動処理 InDesign スクリプト開発

InDesign CS4/CS5/CS5.5(基本Win)で、様々な自動処理スクリプトを開発し、多くの実務で活用しています。

自動処理といえば「データベース連動制作」をイメージされるかもしれませんが、弊社のスクリプト系自動処理は、それとは異なります。

オペレータの作業(選択してどうする、という一連のヒューマンオペレーション)そのものを、人に代わってPCにやってもらう、という自動化です。

ヒューマンエラーが無くなるのはもちろん、そのスピード・処理量は人の比じゃありません。
また、オペレーションを自動化するので制作物の限定もありません。

新規・改版のDTPオペレーションや、データ移行時などで発生する作業、オーバーフロー等の各種チェック&修正、などを自動化しております。

つまり、インデザインのスクリプト系自動処理は、大別すれば、
 ◎各種オペレーションの自動処理
 ◎DTPデータチェック(アラート等で不良箇所を表示)
 ◎DTPデータチェック&自動修正(チェックしながら修正も)
といった3つの側面から、正しいデータを効率的に制作するためのもの、と言えます。

自社での活用の他、スクリプトの「お客様買い取り」や「受託開発」等もお請けしております。(作業マニュアル付、講習もやってます)

もし、貴社がインデザインを導入または導入予定で、このへんのところに御興味がございましたら、ぜひ御相談ください。

Automatic XML (InDesign CS4/CS5用)

多言語自動処理XMLツール「Automatic XML」を開発し、実務で活用しています。
Automatic XML は、InDesign ドキュメントから[XML 構造化]→[XML 書き出し]ができ、InDesign ドキュメントへ[XML 読み込み]することにより多言語自動組版を実現しています。
Automatic XMLの詳細は [Automatic XMLサイト] をご覧ください。

ページトップへ